ラジオCMとの違い

何といってもビジュアルがあるのは強い

マスコミにとってメディア宣伝手段の一つでもあるテレビとラジオ、このどちらにも宣伝は必ず流れるようになる。ラジオを頻繁に聞く人であれば分かると思うが、放送されている番組にはテレビ番組と同様に、企業などのスポンサーが協賛している関係から、CMには番組制作に欠かせない資金を提供してもらう代わりに、契約している企業のCMを放送されている。思うところは様々だが、技術が進歩したことにより、ラジオからテレビへと宣伝広告に莫大な資金を投資する企業が登場することとなる。そしてテレビで放送されることで、どれだけの宣伝効果をもたらすのかは計り知れない。

現代でも数え切れんばかりのCMが製作されている、それらの大半を覚えることは出来ない。覚えてもらえるCMとはどのようなものなのか、そちらを分析してみるとインパクトが強いのが最低条件だ。そういう意味でテレビとラジオには徹底的ともいえる違いとして『ビジュアル』という部分が全面的に押し出されている。ラジオは古い頃、世界大戦が始まった頃から存在しているが、CMとして押し出される情報の取得率は、なんといってもテレビの方がダントツで優れている。

テレビとラジオの広告宣伝は内容こそそこまで異なっているわけでは無いが、映像があるという点以外にも異なっている部分は存在しているので、ここではテレビCMとラジオCMとの違いを考察してみよう。

おもしろい番組

中国タオバオ代行ならTaodadyへお任せください!中国タオバオ代行すべて日本語対応なので初めてでも安心です。日本にいながら、13億人の巨大市場をお楽しみ頂けます!中国語能力、中国に対する知識は一切不要。

3つの相違点

テレビCMとラジオCMとの違いとは主に3つあると紹介したが、具体的に先ほど軽く紹介したものも含めると、

  • ・製作費用が雲泥の差である
  • ・映像があるか否か
  • ・聴覚だけで得るか、視覚と聴覚の双感覚で情報を取得するか

こうしたとおりになる。聴覚だけと、視覚と聴覚の2つで情報を取得するのでは、記憶として残りやすいというのもある。CMはやはり印象に残ってこそ何ぼのモノであると、そのように分析しても何ら問題ないはず。それまで聴覚での宣伝と、紙媒体での視覚のみの宣伝では情報の残り方はまるで異なってくる。そういう意味でテレビCMは非常に鮮烈された広告宣伝が誕生したと評価できる点だ。

ただ印象に残るCMを製作するだけで莫大な料金が掛かるのは目に見えている、またそれを支払うにしてもそれなりに資金力を有している企業でなければ、テレビでCMなどというのも不可能であるため、誰しもテレビを使った宣伝を、というのはうまく行かないものだ。ただそれでもラジオよりもテレビが圧倒的に宣伝力という観点から見た場合では、桁違いの影響力を与えることが出来る。視覚と聴覚2つの効果を併せ持っているからこその成果といえる。どちらか片方の感覚ではそのまますり抜けるように情報が有無霧散してしまうため、印象には残りにくい。これについてはラジオの方が良い例として語られている。

心に残るCM

音しかないから、別の意味で取られることもある

ラジオCMはテレビと比べれば圧倒的に安いという点で、企業としては参入しやすい広告媒体と言える。ただそれでも安いとは言えないのもあるが、テレビと比べたら恐ろしいほどの差が開くので、安価に済ませたいと考えている企業にしてみたら便利な広告宣伝の手段となっている。ただ音しかない分、ラジオにはラジオの宣伝に存在している強みもまた、音声だけで宣伝するという点だ。

音声しかないため、音をキチンと聞き取っていなければならないため従来よりも感覚は研ぎ澄まされており、耳を研ぎ澄ませて放送内容に耳を傾けている状態となっている。音の内容を聞き取っているため、内容がすっと耳に入ったとき、映像としてその内容を近く出来ていないため、必然と聴衆者は頭の中で個々人でイメージしなければならない。

具体的に挙げるとするなら、

  • A:最近元気がないから、運動をしよう!
  • B:ダメだって、運動なんかしたら。
  • A:何で?
  • B:そんなことをしたら迷子になって帰って来れなくなるよ?
  • A:子供か。じゃあどうしたらいいんだよ。
  • B:コレさえあれば運動不足も解消できるよ!

何処かのCMで宣伝していたというわけではなく、あくまで筆者本人が考えたものなので非常に粗暴な内容となっているのだが、どうかそこは気にしないで貰いたい。ちなみにこれは栄養ドリンク関連のCMをイメージして考えてみたが、会話内容だけで何を宣伝したいのかは最後まで聞かないと分からない。CMにしても、テレビにしても、内容を霞ませて分かりにくくしている節を一貫しているのはちょっとした趣向だと考えて問題ない。面白く、そしてインパクトを残すためにも、ラジオでは音だけで聴衆者に想像力を働かせてもらうことで、時に面白おかしく、そしてユーモアに、大胆不敵ともいえるような内容をのCMを製作することも出来る。

そういう意味ではラジオはこの上なく印象に残りやすいといえなくもないが、それは集中していればの話だ。何処か呆とした様子で聞き流していると印象は残らない。これはラジオだけでなく、テレビCMにおいてもそうだ。宣伝力を生かした情報力であればどちらも有効だが、そう考えると耳を澄まして聞く機会の多いラジオの方がテレビよりも印象に残りやすいといえる。だがここで感覚を放送へと集中させているのであれば、やはり映像があるテレビCMの方が記憶には残りやすい。

CMという広告媒体としての潜在能力